読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

ホームコースのハンデを考えてみた

自分へのつぶやきの内容で失礼します。。。

そろそろ月例に復帰できそうなので

ホームコースのハンデを減らしたいと思い

いろいろ考えていたらおもしろいことがわかってきました

Aクラスに上がるために

ホームでのスコア目標をどうすべきかというと。。。

表のとおりで

kogaハンデ表

黄色の部分は、AクラスとBクラスのハンデの境目である

13未満に印をつています

月例では、使用するティグランドが

Aクラスがバックティ(BT)、Bクラスがレギュラーティ(RT)を使用しています

表をみると

Bクラスの月例でRT使用ですので

Aクラスに上がるためには平均で「82」が絶対条件になります

僕の実力からすると

RTで平均「82」でラウンドし続けることはかなりハードルが高いのが現実。。。(汗)

しかし、同じ13未満のハンデを獲得するなら、BTだと「87」という数字になります

BTとRTの難易度が開きすぎているがためにおきている現象です

BTでギリギリ89でも現在のハンデ(16.7)は減らせます

月例ではBクラスは、強制的にRTになるので

月例だけのスコア提出だと、万年Bクラスの可能性は高くなるようです

作戦として、プライベートラウンドではBTで回って90切りを目指し

スコア提出していくことが近道のように思えます

これまでBTでラウンドした感じだと

ティショット後、セカンドで200y以上残ると距離を欲張ってミスして、叩くケースがあるので

200y残ったら、よほどいいライではない限り、100y以内の得意距離を残して

ボギーオンで組み立てていくことを徹底すれば今の力でも90切りは可能だと考えいます

来年中にはなんとかハンデを13未満まで減らしていきたいと考えているので

ちょっくら頭を使ってラウンドしていこうと考えています。。。