読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

簡単なショットを簡単に打てる人

golfいろいろとか

「アナライズT島の商売してまっせ」のブログを読んでて

うん。うん。うなった

「どMのゴルファーは上手くならない」 <以下引用要約>

○アマチュアゴルファーの多くは難しいゴルフ場に行って、

 打ちひしがれることを望んでいるのか?

○ホントのアスリートとなんちゃってアスリートの違いは、

 結果を残すか否かというとこに尽きる。

○難しいコースにバックティが大好き。

 それってすべて言い訳にできるから。

○やさしいコースでも40切ったことがない人は、

 難しいコースでも出ません。

○やさしいコースでハーフでいいから36をだす。

 やさしいコースで出ないということは、難しいコースでも決して出せない。

○上手い人は、いつも簡単なショットを簡単に打てる人。

 簡単な状況にいつもいることが大切。

詳細はこちら

簡単なコースでやってると

上手くなるぜ!ってのは、実体験がないのでわからないけど

「簡単なことを、確実にできる」ってことがスコアには大事だってのは

なんとなくわかる気がする

最近通ってる、浮間の早朝ハーフなんて、

平坦で、距離短くて、100y以内がセカンドで残る場面が多くて

はたから見ると簡単なんですよね

でも

当たり前に、真っ直ぐ打って

当たり前にパーオンさせる

そして、パーを取り続けるって

平坦なコースでも案外難しいって毎回思う

難しいコースや山岳に行くと

大雑把な反省で、技術的なことだけを理由にしがちなんだけど

簡単なコースだと、自分の反省点が明確になる

しかもハーフラウンドだとなおさら集中できる

今の練習方法は意外とアリかもって思いました。。。

でも、結果を出してからだな。いいと言えるのは

失礼いたしました。。。