読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

今週はイ・ボミではなく琴乃ちゃん・・・パーゴルフはイボミ

Screenshot_2016-03-09-10-13-14.png

今週の表紙は、琴乃プロ、春感じる、さわやかな笑顔

スタイル抜群のモデルの営業スマイルよりも

スポーツマン女子の笑顔のほうが癒し度高い

ちなみに最近、嫁の笑顔はみたことありません。。。

子供産むと「狂暴化するよ」と聞いておりましたが案の定

リアルウォーキングデッドな日々。。。

ここまでとは・・・(泣)

ということで

今週の週刊GDは丸ちゃんと遼くんの対談が印象的でした

今回はスイング理論

遼くんが、昨年の日本シリーズの時に、アイアンが調子よかったので

同じスイングをドライバーでやったらバラバラになってしまったようで

「今の時代、ドライバーとアイアンのスイングは分けて考えればいいと思う」(丸ちゃん)

「え、違う打ち方でもいいんですか?ずっと同じスイングだと思ってました」(遼くん)

1990年代で、スイングの統一(ドライバー(3ウッド含む)とアイアン)は終わっていると・・・

ドライバーはすぃーぷに、昔のようにダウンブローはだめよとのこと

あと重心距離も長くなってるしね。。。と

この辺はなんとなくわかります

重心距離、はとヘッドの戻り具合に影響するみたいのですが

詳細はこちらで

重心距離が長くなっている昨今だと、ヘッドを開閉するスイングはスライスしやすい(スクエアに戻りにくい)

ということ

手元に1990年代前のデータがないのでなんとも言えないですが

重心距離長めの象徴的なメーカーの「PING」でも

1995年のジング2で38mm

2015年のG30で43.4mm

この20年でも5mmの変化!

(ゴルフクラッシク重心距離ガイドブックより)

重心距離が長いならJスピースに代表されるような開閉の少ない

ヘッドの使い方が必要ということでしょうね。たぶん。(このへんは素人的推測)