読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

100切りのために考えたこと①

この記事UPしようかどうか迷ったけど

う~ん。UPしゃちゃえってことでUPします!

長いです。。。

最近、よく聞かれることの1つに

「100ってどうすれば切れるの?」っというのがあります

すかさず僕は調子にのってこうだ!っとアドバイスしようとしますが

「なんで切れたんだ。オレ!?」って、なって 

アワ*1ワワ!ってなる

そんなことが続いてきたので、

整理のために残しておく記事です

これからも100は叩くであろう僕が、

偉そうに100切りのアドバイスはできないけど

100を切るために考えてたこと

実行したことは

整理しておいてもいいのかなと思うのでまとめてみることにしました

ゴルフのスタイルには人それぞれいろいろあって

それを否定するものではないし

この記事はあくまでも僕個人の考え方です

「いちアベレージゴルファーの考え方」として

暖かい目でご覧いただければありがたいです(ー人ー)

僕が初めて100をきったのは

あぷろーち

僕の初めての100切りは

ブログで確認すると

2013年4月

現在はホームコースとなっている古河ゴルフリンクス(その時の記事

当時の記事に書いていた言葉で

>今回のラウンド中にず~っと思ってたのは、

>いつも以上のこと、特別なことするのはよそうとそれだけでした。

「特別なことをしない」

これが、それ以降も、そして今もポイントのような気がします

特に、この時のことで印象に残っているのは

ナイスショットのドライバーでもなく

ビタッと寄ったアプローチでもなく

ロングホールで

ティショットでフェアウェイバンカーに入れて

そこで、セカンドショットをPWで脱出したこと

残り距離を考えると、ウッドやロングアイアンを持つところを

刻むためにPWを選択したこと

そして、そういうことなのか!?と気付いて

「特別なことをやらない」の積み重ねでなんとか100を切りました

このことは、昨年挑戦した100切り選手権で具体的になりました

つづく・・・100切りのために考えたこと①

*1:゚゚дд゚゚