読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

ホームで早朝 No.14

毎度のホーム早朝ゴルフ

20150509111328335.jpg

自宅を3時半に出発

4時半スタート

そして、8時には終了!

メンバーは

嫁の伯父を

前日、無理矢理激しくお誘い親戚ラウンド

今回も手引きカート

今回のテーマは

先週の好スコアで

自分自身を調子にのらせないため

距離のあるバックティでラウンドしてみる

(7000y弱くらい)

結果は・・・

IN ⇒ OUT (BT)

合計:90(35)

I N 47(19)

OUT 43(16)

パー6、ボギー13、ダボ2、トリ2

1パット×4、3パット×1、4パット×1

1ペナ×2

パーオン率17%(3回)

ボギーオン率72.2%

バックティだと

パーオンするためには170~200yのショットの正確性が求められる

もちろんまともに打てないので、とりあえずグリーン回りまで届かせてアプローチ&パット勝負になった

アプローチはワンピンくらいには寄るけど

終始パットが悪くてスコア崩した

ただ、最後まで諦めず、距離の長い後半のOUTで、

調整できたのは収穫だった

嫁の伯父は、82STと絶好調を見せつけられる

パットはお世辞にもお上手とは言えないけど

普段から鹿沼のホームコースをバックで回ってるから長い距離残ってもバンバンのせてくる。

バックティでも「慣れ」の問題かもな。。。って思ったラウンドでした。

IN:47(19)

古河150510_IN

OUT:43(16)

古河150510_OUT

○6鉄以上の長い番手

手首のローテーションできてないので、シャンク気味にスライス

(ラウンド後練習場で気付く)

○ドライバー

右手を被せ気味に変更で、暴れなくなった

ボールをスピン系からディスタンス系に変更で曲がらなくなった

○パター

下半身の圧をかけずにストロークで、方向性がぶれまくり

あと、手を使ってた

まっすぐ引いて、フォローも同じ速さでストローク

下りはロフト大目、上りはロフトかぶせ気味を忘れてた

○追記:

パター

横からの傾斜のきついのや、上から早いの、距離のあるパットは寄せるだけ

上りの3mくらいまでは狙えるパットだと区別する

他のは入ってもラッキーだと意識を徹底する