読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

ホームでラウンド(No.6)

午前中、小雨 ⇒ 午後から曇り、そして風

20150308193519918.jpg

雨、曇りだったけど

2月の月例時に比べたら暖かく感じる天候

メンバーは

月例いつもご一緒のKGOさんと、お友達2人

今回のテーマは

「雨だし、丁寧にラウンドしましょ」

結果は・・・

OUT⇒IN(RT)

合計:87(35)

41(16)

46(19) 

パー7、ボギー7、ダボ4

1パット×4、3パット×3

パーオン率33%(6回)

ボギーオン率44%(8回)

FWキープ率57%(8回)

上手くいろいろ噛み合って、それが結果となり、

ひとまずは「ほっ」とした

ここ最近、ドライバーのスイング改造が順調で

まとまった球が打てるようになったのが要因の1つとも考えられるし

前回、「刻みラウンド」を経験したことで、

セカンドショットやグリーン狙うショットのメンタル面がよくなった

でも ドライバーがいつ暴れだすかわからないので

今後もコツコツ改造は継続です

暖かくなったら、爆発できればいいなと思う日々。。。

20150308_古河GLOUT

OUT:41(16)

1番 ミドル(0)1W FW中⇒150y 6鉄 Gオン⇒3m、1.5mで2パット⇒パー

2番 ミドル(0)1W FW中⇒3UT⇒PW⇒2m1パットパー

3番 ミドル(+2)1W FW左⇒3UT⇒左足上り20ySW  Gオン⇒登り3mを3パット

ットでダボ

4番 ロング(0)1W 左ラフ⇒4W 引っ掛け残り140y地点へ、7鉄薄く左からの風もありスライス⇒20yをSW Gオン1.5mOKパットでパー

5番 ショト(+1)150y6鉄 右BK⇒SW 砂が硬くバンス弾いてホームラン⇒20y SW 1.5mにつけて、1パットでボギー

6番 ミドル(0)1W 右ラフ 140y7鉄 G奥にオン4m 2パットでパー

7番 ミドル(+2) 1W左ラフ⇒3UT ダフリ アゲ140yを7鉄でショート⇒SWでGオン2パットでダボ

8番 ショト(0) 137yアゲ風 7鉄 Gオン⇒2パットでパー

9番 ロング(0)1W FW中⇒3UTトップ⇒残り50y SW Gオン⇒1.5m、0.5m2パットでパー

20150308_古河GL IN

I  N:46

10番 ロング(0) 1W FW中⇒3UT⇒70y PWシャンク PW寄せ⇒1パットでパー

11番 ミドル(+1) 1W FW中⇒150y 6鉄右BK⇒SWオン⇒1パットでボギ

12番 ショート(+1)130y8鉄フォロー G奥オン⇒10m、3パットでボギー

13番 ミドル(+1) 1W FW中⇒ 残り130y8鉄 ライが悪いので上から入れようとしたら厚く入ってダフリ気味でショート⇒SWでGオン⇒2.5m2パットでボギ

14番 ミドル(+1) 1W左⇒残り70yPW G奥オン⇒20mを3パット

15番 ミドル(+1) 1W FW左⇒130y 上から入れようとして8鉄ダフリ SWGオン 8m、2パットでボギー

16番 ショート(+2) 150y 右から左 風に向かって打ったら5鉄フック⇒SWダフリ⇒PT寄せ、2パットでダボ

17番 ミドル(+2) 1W 右OB 打ち直し 1W左ラフ ⇒150y7鉄刻むつもりがフォローでGオン⇒2パットでダボ

18番 ロング(+1) 1W 右ラフ⇒3UT 木下ぬかるみへ⇒70y PWダフリ SWGオン⇒5m、2m2パットでボギー

ショット:

1W:

・シャットフェイス意識で、捕まりよく、球が強い(風の影響ほぼなかった)

・プッシュ気味の球が3回、力むとフェイスが開く、

インサイドアウト意識しすぎて、煽ってしまうこと数回左へ

・もっとラインを出す打ち方を安定させたい

・飛距離は、ランが出ないので220~230y

鉄:

・前半は、体が起きやがりやすくトップ多発なので、打ち抜く意識でだいぶ良くなった

・雨の日のFWは芝薄いので、ダウンブローで失敗すると厚く入ってダフリになってしまうのレベルで打つ

居残り練習:

・30~50yのアプは、ローテーションして掴まえ気味の方が

 芝の抵抗に負けないのでよい

・アプ、思っているよりも左をターゲットに

・パター「タップ気味」で、どのくらいの距離まで打てるか、影響を受ける傾斜の按配をもう少し研究してみる

後輩見てて思ったけど、初対面の人とのラウンドで

緊張しているせいか、いつもよりゴルフまとまってた

久々に100切りもしてたし

やっぱ、緊張感のあるゴルフしないと、ダメだ~っと改めて思った

来月の月例は、初対面のグループへ行こうと思う