読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

板倉ゴルフ場 No.4

golf roundとか

会社のゴルフ同好会メンバーとラウンド

関東大雪予報も大外れで残雪もなし

当日は風もなく、日中は気温も高め♪

しかし、ラウンド写真を撮るのを忘れてた(ノ∇・、)

昼間の麻婆ラーメンしか写真無し(笑)

20150207195743304.jpg

が、しかし、うまし!

ラウンド結果は

OUT⇒IN(RT)

合計:90(31)

45(15)

45(16) 

バーディ×1、パー6、ボギー5、ダボ4、トリ2

1パット×7、3パット×1

OB×3(ドライバー×1、4W×2)

パーオン率17%(3回)

ボギーオン率50%

FWキープ率29%(4回)

今回はテーマを決めてラウンド

○ミドルホールでのドライバー使用を封印(ティショット4W使用)

⇒目的はどれだけドライバーが足を引っ張っているかの検証

結果は4回使用でOB×1、他は3回はソコソコ

4Wは練習不足で曲げるわダフるわだけど

OBやペナは少なめ

ティショット飛ばない方が怪我しにくいと理解

確かに女性や高齢の方のスコアは安定だよな~

やはりティショットの安定が次のステージへの鍵!

体力余ったので

帰りにドライバー中心に400球打ち込み

うだうだ言わず、身体に覚えさせる練習の必要性を感じた

スイング崩すとか思ってたけど、

球数打つことは、体と頭の感覚を合わせるには絶対必要なんだな

練習場で練習器具発見

20150207222027356.jpg

うぉーーーーっ

これ、欲しいィィわーーーー

丸いとこで打つんだけど

芯を外すと真っすぐ打てません(・・,)

でも、これで練習した後に自分のパター打つと芯に当たる( ̄□ ̄;)

OUT

150207_板倉

1番 ロング(+1) 1W中⇒残280y3UT⇒80yダフリ⇒50ySWGオン⇒2m2パットボギー

2番 ミドル (+3)4W左 木⇒3UT脱出⇒排水溝90yPW左⇒SWGオン⇒PT8m、3m⇒トリ

3番 ミドル (+2)4W右⇒FWBKオン3UTダフリ⇒130y9鉄⇒SW⇒2m⇒ダボ

4番 ショ-ト(-1)110y 9鉄Gオン⇒5m⇒バデ

5番 ミドル (+1)1Wトップ左ラフ⇒3UT左BK⇒SW下り2.5mへオン⇒2パットでボギー

6番 ショ-ト(+1)125y8鉄⇒左へショートパター寄せ⇒2パット

7番 ロング(0)1W右⇒3UTスラ⇒PWスライスかけようと思ったらヘッドアップでトップのスラ⇒G奥バンカー1mオン⇒1パット⇒パー

8番 ミドル( +2)4W右OB⇒打ち直し4Wダフリ⇒3UT60yPWオン⇒1.5m⇒1パットダボ

9番 ミドル(+0)4W左ラフ⇒3UT右⇒SWダフリ目でGオン⇒2m1パットパー

I N

1500207_板倉IN

11番 ミドル(+1)4W トップ左⇒140y6鉄スラ⇒SWオン⇒1.5m

12番 ミドル(0)4W中⇒150y6鉄⇒5m2パットやり抜くパー

13番 ミドル(+2)4WスラOBプレ4⇒100y9鉄⇒パター寄せ⇒2パットダボ

14番 ショ-ト( 0 )155y6鉄⇒SWオン⇒0.5m1P

15番 ミドル(+1)4Wダフリ⇒3UT左15ySW⇒1.5m3パット

16番 ロング(+3)1WOB⇒1W左3UT⇒3UT⇒60yPW2パット

17番 ミドル(0)

18番 ロング(+2)1W左⇒3UT左⇒林7鉄⇒50ySWトップ⇒SW2パットダボ

全体:

気になるミスは、ティショット

200y前後が残る場面が多く、3UTでなんとか繋いだ

アイアンの方向性と距離は安定しているので、

ティショットでは、ラフでもいいので、トラブルの場面を自分から作らなければ

もっとスコアはよくなるはず

1パット増えた!

グリーン外してもSW50y以内比較的のせるられるようになった

グリーンの面を考慮して、上りへのアプローチなら転がして外してもいいので

傾斜の状態をみる、あとはパッティングに任せる意識

ライが悪かったり、寄りそうにないアプローチは、上りを残せるように

15y以内は2~3歩の距離には寄る

パターは練習のおかげで、ゆっくりリズムでよい転がり

練習

1w.4w

シャットにアウトに引いて、バックスイング浅め、

グリップスクエアでしっかり、グリップでフェイスの面を作る

右膝内に入れて、バックスイングまで、下半身かっちりはめて

フェイスターンで外に出して解放のイメージ

インサイドアウトで、プッシュアウトしてやるぞ!な感じ

ゴルフのフェイスは、テニスとは違い、時間差で作る意識

きちんと先にフェイスを作っておいて、当てていくイメージ

インパクトで直前で作ると、遅い、振り遅れてスライス球になる

だから、早めに最初にシャットを作って、また打つ直前にシャットに戻してで打つ

右腰通過あたりから、リストターン