Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

すぐれたゴルフの意思決定―「熟慮速断」の上達法を読んでみた件


すぐれたゴルフの意思決定―「熟慮速断」の上達法すぐれたゴルフの意思決定―「熟慮速断」の上達法
(2012/02/03)
印南一路

商品詳細を見る

<作品内容>

頭脳派ゴルファーのための今までにない方法!

「頭のいい人」ほどゴルフはもっとうまくなる。

ゴルフで最も重要なのは「判断」であり、

熟慮速断とスピード学習でゴルフは劇的に変わる。

ゴルフという領域で、知覚、確率判断、状況判断をどう統合するか、

これらをパフォーマンス向上にどう活かすかを説くのが本書である。

(BookLiveより引用)

作品紹介よんでもなんのこっちゃ(゚∀゚)アヒャ

頭脳派ゴルフ―になりたくて

読み終わるのに1か月かかった

僕は、無能なゴルファー(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!

以下、あくまで僕的解釈。あしからず。。。

ゴルフの早い上達には、「自己分析」が必要で

「自己分析」とは、どれだけ自分を客観的に見るかにつきるわけで

自身の思い込みや習慣(経験)などは排除し

とことん「客観視」し、分析するための「技術」を紹介した本。。。だと思う

(スイング技術論は一切なし)

よくある自分のパターンだと・・・

「やべーパター強く打ちすぎたわ~」って時に

単純に打ちすぎたのは自身のパットの打ち方の失敗だから、

明日からパターの練習頑張るぞ!ってなるけど

そんな、単純に片付けないで

実は、

傾斜の錯覚で、下りが上りに見える錯覚現象

縦断勾配錯覚」により惑わされたからなんじゃないの?

とか、その失敗の「原因」をはっきりさせることは

「真」の経験の積み上げに繋がるよね!?

そして、上達のスピードも全然違っちゃうよね。ってことらしい。。。

この本、プロゴルファーでもなく

大学教授が書いてるせいか、

ちょっと論文的な雰囲気で理解しづらい

(ちなみに著者はこんな人←クリック)

これで僕も、今日から頭脳派ゴルファー。。。なれんわ~(ノ_・、)