Que sera sera~keisongの日常

なるべく週末早朝河川敷でラウンド&子育て&ラーメンのブログ

PING ANSER ドライバー

数か月前に中古で、9000円台で買っていたドライバー

2軍落ちしていたが、再復活を果たしたドライバー

ブログガーのまめたろうさんをはじめ

僕の周りのゴルファーにPING信者が多いので

影響されて中古で手を出したドライバー

(7月入ってから使用してます)

ANSER ドライバー

PING ANSER

スペックは・・・

モデル :ANSER(2012)

シャフト:ピンINZ70

ロフト :9.5 度

硬さ :S

長さ :46 inch

総重量 :315 g

バランス:D3.5

もともと付いていた純正グリップの太さはPING社のいうところの

white(普通サイズ)、僕の手のサイズ的にはAqua(細め)が適正サイズ

確かにローテーションしづらい

スライス(よく言えばフェード)気味の球筋

フックよりはよいのでこのままに

(PINGのグリップの詳細はココ

シャフトは「PING INZ70」の46インチ

ヒールエンド法で実測45.625inらしい(PINGは短く出るらしい)

最初は、長めのシャフトのお蔭で、

タイミング合わず、スライス&プッシュアウトで

暴れまくって困ったσ(-c_,-´。)……

シャフトは、重ヘッド&長尺を振りやすくするために

手元側にウェイト配置で

カウンターバランス気味だが

全体的に軽さを感じていたので

手元側に7~8gの鉛をつけて重量調整

そして、スイングテンポ若干ゆったり目にして

カチャカチャのロフトは通常にすることで球筋が安定

もともと購入時の目的は、「飛距離」で

長尺だと飛ぶだろうという安易な考えだったが

飛距離よりもミスヒットに寛容な気がする

あと、ヘッドが重いので、

コース球だとぐいぐい前にいく

(練習場ボールだと吹け上がる)

右肩下がる癖で、たまにドスライスでるけど、

その辺は、慣れだと思うので、引き続き実践使用していきます

ちなみに、余談ですが

このドライバーはカチャカチャ(アジャスタブル機能付)で

購入時「カチャカチャ用のねじ回し」の付属なしでした

試しに、、テーラーメイドの「ねじ回し」でやってみると代用OK!

さらに、タイトリストの「ねじ回し」でも代用できました!

各社共通みたい